サロンの勧誘を避ける方法

脱毛サロンに行こうと思ったとき、不安なことってありませんか?

勧誘を断る

とくに「勧誘されたら嫌だな」と思っているひとは多いはずです。サロンによって勧誘があるところ全くないところなど様々です。

ほとんどのサロンで勧誘はありませんが、なかには「ちょっとしつこいな」程度の勧誘をするサロンもあります。

勧誘をされたときは、その場の雰囲気に流されずにきっぱり断ることも大切です。

具体的な断り方

勧誘されたときに、希望したくないプランを契約しまうと、あとで後悔してしまいます。

そうならないためにも、勧誘されたときは「いま決められません」「家に帰って、お金のことをしっかり考えてからまた来ます」と言いましょう。

それでもしつこい勧誘をされたら「家のひと(親や旦那)に相談しないとお金を出せない」「大金を自分の意思だけで出すことができない」というように「お金をすぐに支払えない」ということをアピールしましょう。

「クレジットカードを持っていません」「現金主義なので、いますぐに支払えるお金を持っていません」という断り方もいいでしょう。少しでも「迷っている感じ」を出してしまうと、店員は強引にプランを契約させようとします。

これには、きっぱりと断ることが大切です。

契約してしまった時の対処法

万が一、その場の雰囲気に流されてプランを購入してしまったらクーリングオフしましょう。

クーリングオフというのは「契約から○日以内であれば解約して返金してもらえる制度」です。
契約時の書類を読んで、何日以内であればクーリングオフできるのか調べましょう。

強引に勧められたプランで通う必要はないのです、自分の納得できたプランで、楽しく脱毛に通いましょう。ただしサロンのなかには「○円以下のプランの場合、クーリングオフできません」というサロンもあります。

なんとなく契約書にサインせず、しっかり中身を読むことが大切です。

甘い誘惑にはご注意

脱毛サロンによって「いま、この場で契約してくれないと、この安い金額は適応されません」という勧誘をしてくるところもあります。気に入ったプランであればその場で契約してしまってもかまいませんが、迷っているなら辞めておいた方がいいでしょう。

「いましかこの値段で契約できません」という勧誘をしてくるサロンは、通っている途中でも「いいプランがありますよ、いま限定のプランですよ」というように勧誘してきます。毎回断るのは面倒ですよね。楽しく通えないサロンなら、最初に断ってしまったほうがいいでしょう。

勧誘のないサロンのほうが、気持ちよく通うことができます。何度も通わなければいけない脱毛ですので、気持ちよく通えるサロンを選ぶことも重要なのです。

「無料カウンセリングに来たのだから契約しなければいけない」というわけではありません。

あくまで「無料カウンセリング」なので聞きたいことだけ聞いて、あとは自宅で考えればOKです。いろいろなサロンの無料カウンセリングを経験して、一番良いと思ったサロンで契約しましょう。

トップへ