状況によって対応しよう

脱毛を辞めたいと思ったときは、安易に解約する前に「休止」「休会」も考えてみましょう。

休む方が辞めるよりも得

脱毛を辞めるのではなく、いったんお休みするのです。脱毛には契約期間があり、何年間で通いきらなければいけないという約束事はありますが、これは多くの場合延長することが可能です。たとえば妊娠、出産で脱毛に通えなくなったときは、サロンの規定にもよりますが1〜2年期間を延長することができます。

忙しくて通えなくなったときや、病気や事故のときも、お休みすることができます。

あなたの状況が数カ月〜数年休めばまた再開できるという場合なら、辞めるより休会措置をしてもらったほうがお得です。辞めてしまうと解約手数料を取られることもあるからです。また、辞めたあと再開しようと思っても、「初回限定価格」が適用されず、割高になることもあります。

辞めたい、続けられないと思ったら、スタッフにどうするのが一番いいのか相談してみることが大切です。

トップへ