自宅用脱毛機ってどう?

自宅でできる脱毛機は便利ですが、威力があまり高くありません。

脱毛サロンの店員いわく「自宅用脱毛機は、あまり効果がない」だそうです。

家庭用脱毛機は効果が薄い

理由は、研修を受けていない個人が扱っても、肌トラブルを起こさない程度のゆるい光しか出ていないからです。
脱毛の光は肌に浸透して、毛根をしっかり壊すことができる威力でなければ意味がありません。

自宅用脱毛機は、まったく効果がないわけではありませんが、光が弱いため、確実に毛根を壊せるほどではないのです。もちろん、自宅用脱毛機も、何回も当てることで毛根を少しずつ弱らせることは可能です。

自宅用脱毛機で、10回以上、できれば20回くらい気長に脱毛ができるというのであれば、自宅用脱毛機で満足できる結果が得られるでしょう。

「自分でやるのが面倒になりそう…」「そんな長い期間、真面目にやってられない!」という方は、脱毛サロンでやってもらったほうが、期間も短く済んでよいでしょう。

自宅用脱毛機は、背中やVIOがやりにくいというデメリットもありますから、全身きれいにつるつるになりたいのであれば、やはりサロンがおすすめです。

トップへ

脱毛サロンに通う前の基礎知識|通いながらしたいオススメケア方法もご紹介記事一覧

脱毛サロンに行こうと思うくらい、ムダ毛が気になっているひとなら普段からマメにシェービングしているでしょう。シェービングは、ただ毛を剃ればいいというものではありません。間違った剃り方をしていると、毛穴が広がったり、炎症を起こしたり、ニキビができてしまう原因にもなります。シェービングするときは、肌に負担をかけないように、電気シェーバーを使うことをおすすめします。電気シェーバーにもボディ用と顔用があるの...

太陽の光を浴びることは人間にとって大切なことですが、浴び過ぎはいけません!紫外線を大量に浴び続けているとメラニン色素が出て、肌が黒くなります。しみやそばかすの原因になるほか、皮膚がんになる可能性もあります。脱毛サロンに通っている方はとくにUVケアに気を配りましょう。肌が真っ黒になってしまうと、脱毛の光が肌全体に反応するようになり、施術することで火傷状態になることもあるからです。脱毛サロンの多くが「...

人は誰しも歳を取ります。肌は老化し、くすんだり黒ずんだり、たれたり、どんどん衰えていきます。そういった加齢にともなう症状を防止したり、できるだけ若く保てるようにすることを「アンチエイジング」と呼びます。アンチエイジングをする方法は、マッサージをしたり美容効果の高い基礎化粧品を使ったり、サプリメントを飲んだり、いろいろあります。最近注目されているアンチエイジングが「脱毛」です。脱毛することで、毛がな...

脱毛サロンの光は基本的に肌に影響はありません。しかし肌が弱いひとや、下手な施術をされた場合、肌トラブルが起きることもあります。一番起きやすい肌トラブルは「赤み」「ひりつき」です。脱毛の光によって肌が刺激され、熱が加わることで起きます。少しの赤みやひりつきなら、冷やしたタオルをしばらく当てるだけでよくなってきます。脱毛直後はなんともなくても、その後ごしごし洗ったり、熱いお湯に浸かったりすると赤みやひ...

「脱毛後、汗が増えた」「脱毛したら、2〜3日後かゆくなってくる」といった体験談を読んで「脱毛って本当にいいの?」「汗なんて増えたら臭くなりそう」と不安になっている方も多いかもしれません。まず、汗ですが、脱毛によって増えることはありません。脱毛が進んで毛がなくなってくると、汗がだらだら流れてくるように感じて、汗の量が増えたと勘違いするひとはたくさんいます。なぜだらだら汗が流れるのか?答えは「もともと...

脱毛サロンを掛け持ちして、早くきれいになりたい!と思っている人、多いのではないでしょうか。「3カ月ごとの施術しかできません」というサロンもあるので、なるべく早くきれいになりたい人は、複数サロンを掛け持ちして、施術の頻度を多くすると早くきれいになれます。しかし掛け持ちするときに注意したいのが「毛周期」です。毛には「毛周期」と呼ばれる生えかわる周期があります。毛周期は、細胞が皮膚の下で分裂して毛がぐん...

脱毛サロンに通っている間も、自宅で肌ケアは必要です。脱毛は肌が柔らかい状態であればあるほど、より効果があります。肌が硬くてガサガサしていると、照射の光が肌に浸透しません。せっかく照射しているのに、毛根にしっかりとどかないと脱毛効果が得られないのです。ですので、脱毛に通っているときは肌の保湿とマッサージを心がけましょう。オススメは、脱毛サロンで販売しているジェルやローションを買って手入れするといいで...